スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科のイメージ写真

スポーツ整形外科で診断・治療をおこなう怪我や疾患には、運動時の外力によって起こるスポーツ外傷と、筋肉や骨を継続的に酷使したことによる慢性スポーツ障害があります。これらの治療は、一般の整形外科とは若干異なっており、それぞれのスポーツ種目の特殊性などを理解して行う必要があります。

そのため、当クリニックでは、患者さまのスポーツ歴などを踏まえ、運動療法や装具療法、手術療法、リハビリテーションを総合的に組み合わせて治療していきます。

当診療科で扱う主なスポーツ障害

  • 足関節捻挫
  • 腰椎分離症(椎弓疲労骨折)
  • 肉離れ
  • 膝前十字靭帯損傷
  • オスグッド病(膝蓋腱付着部障害)
  • 反復性肩関節脱臼
  • 疲労骨折
  • アキレス腱断裂
  • 膝の慢性障害
  • 鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)
  • 膝蓋骨脱臼
  • 足の慢性障害
  • 距骨骨軟骨損傷
  • シンスプリント
  • 野球肘(離断性骨軟骨炎、内側側副靭帯付着部障害)
  • 膝関節インピンジメント
  • 成長期の肘障害
  • 肩鎖関節損傷
  • 足関節後方インピンジメント症候群
  • 骨盤裂離骨折
  • 有痛性外脛骨障害
  • 仙腸関節障害
  • ジョーンズ骨折
  • 上腕骨骨端軟骨障害(リトルリーグ肩)
  • 円板状半月板 など

経験豊富なスポーツ外科専門医が対応します

当クリニックでは、経験豊富なスポーツ外科専門医が診断・治療を行なっています。患者さまが早期にスポーツ選手として復帰できるよう、筋力強化、ストレッチ、運動動作指導などを取り入れた運動療法プログラムを策定し、治療を進めていくのです。

また、障害の再発予防も重要となりますので、スポーツ障害の重症度、年齢、性別、種目、その方のポジションなどの複雑な要素も十分に考慮し、長期的な視点からのアドバイスも行っております。

スポーツ外傷を予防するには

十分なウォーミングアップ

運動前にしっかりとウォーミングアップを行います。これにより、関節や筋肉の柔軟性が高まり、運動中の激しい動きにも対応しやすくなります。

正しいフォーム

間違ったフォームでスポーツを行うと、筋肉や骨に無理な過重がかかり、筋肉損傷のリスクが高まります。そうならないよう、正しいフォームを身に着けることが大切です。

適度な水分補給

運動時は汗をかきやすくなりますので、体内の水分が失われていきます。そのため、集中力が低下し、怪我をしやすくなります。運動前の水分補給とともに、運動中も必要に応じて水分をとるようにして下さい。

適度なトレーニング

一般的には、筋肉などに負荷をかけることで運動能力が向上していきます。しかし、運動のやりすぎは、かえってトレーニング効果を下げるだけでなく、骨折などのリスクを高めてしまいます。運動中に苦痛を感じたときなどは、運動強度を下げたり、休息をとったりするようにして下さい。

運動後のクールダウン

運動を行うと、体の中には疲労物質が溜まっていきます。また、運動による負荷や衝撃により、筋肉や血管などの組織も部分的な損傷を受けているのです。こうした損傷は、代謝を高め、筋肉などを活性化する大きな効果があるのですが、適切にクールダウンさせないと、逆にスポーツ障害を引き起こしかねないのです。運動前のウォーミングアップと同様、運動後のクールダウンも忘れずに行いましょう。