訪問看護とは

訪問看護のイメージ写真

訪問看護は、文字通り看護師などが居宅を訪問し、主治医の指示に基づいて療養上のお世話や診療の補助を行うことです。身体に病気や障害を持つ人の中には、病院に入院して加療を受けるよりも、住み慣れた自宅や入所施設などで療養生活を送りたいと望んでいるケースが多く見られます。こうした声に応え、看護師などが患者さまのもとを訪問し、多職種と連携しながら療養生活を支援し、最期まで居宅で暮らせるよう支援していきます。

具体的には、主治医と密に連携し、健康状態の悪化防止や、回復に向けたお手伝いをします。患者さまにとって必要な身体的・精神的な看護にとどまらず、入退院についての相談、在宅ケアサービスの紹介、関連機関との連携・調整なども行います。

訪問看護を利用するには

訪問看護は、病気や障害をお持ちであり、居宅で療養されている方のうち、訪問看護が必要だと主治医が認めた方が利用できます。訪問看護というと、高齢の要介護者に対して行われると思われている方もいるようですが、年齢を問わず、訪問看護が必要な全ての方が対象となります。さらに、病気を抱えている方のご家族に対し、介護相談や健康相談なども行われます。なお、健康保険で訪問看護を利用する場合と、介護保険で訪問看護を利用する場合があります。

健康保険で利用する場合

年齢に関係無く、訪問看護がご利用いただけます。ご希望の際には、かかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医が交付した「訪問看護指示書」に基づき、必要なサービスをご提供いたします。

介護保険で利用する場合

「要支援」「要介護」認定が前提になります。「要支援1~2」または「要介護1~5」に該当した方は、ケアマネジャーに相談し、「在宅サービス計画」に訪問看護を組み込んでもらい、かかりつけ医からは「訪問看護指示書」の交付を受けます。

訪問看護の主な内容

  • 健康状態のアセスメント
  • 病気を悪化させないためのケア
  • 医師の指導に基づく医療的ケア
  • 入退院時の支援
  • リハビリテーション看護
  • 認知症の方の看護
  • 精神障がい者の看護
  • 重症心身障がい児(者)の看護
  • 終末医療ケア
  • 日常生活の支援
  • 介護者(ご家族など)の相談・助言 など

対象地域

当院では、主に笠間市にお住まいの方を対象として、訪問看護を行っています。対象地域についての詳細は、お電話、または電子メールにてお問い合わせください。