健康診断について

健康診断のイメージ写真

病気の中には、比較的初期の段階から自覚症状が見られるものもあります。しかし、自覚症状がなかなか出現せず、気づいたときは病状がかなり進行してしまうケースが少なくないのです。特に、糖尿病や脂質異常症、高血圧などの生活習慣病は、なかなか自分では気づかないものです。全身の様々な部位に発症するがんの中にも、初期には目立った自覚症状が見られないものがあります。

健康診断は、こうした事態を防ぎ、自覚症状が現われる前に病気の有無をチェックするいい機会なのです。出来るだけ早い段階で病気を発見し、早期に適切な治療を行えるよう、しっかりと健康診断を受けるようにして下さい。

当クリニックでは各種健診を受け付けています

当クリニックでは、雇入時の健康診断、企業の定期健診、自費健診など、各種健康診断に応じております。ご自身の健康状態をきちんと知り、適切な健康管理をするため健診を上手にお役立てください。

※健診をご希望の方は当クリニックの窓口まで電話や電子メールにてご連絡ください。

雇入時の健康診断について

事業者は、常時使用する労働者に対し、下記の項目について、医師による健康診断を受けなければなりません(労働安全衛生規則第43条)。

  • 既往症、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、y‐GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

企業の定期健診について

事業者は、年に1回(深夜業や坑内労働などの特定業務従事者は年2回)以上、定期的に下記項目の健康診断を行わなければなりません(労働安全衛生規則第44条)

  • 既往症、業務歴の調査
  • 自覚症状、および他覚症状の有無の検査
  • 身長、体重、視力、聴力の検査、および腹囲の測定
  • 胸部X線検査、および喀痰検査
  • 血圧の測定
  • 貧血検査(血色素量、赤血球数)
  • 肝機能検査(ALT、AST、y‐GT)
  • 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  • 血糖検査(空腹時血糖、またはHbA1c)
  • 尿検査(尿中の糖、および蛋白の有無の検査)
  • 心電図検査

※身長・腹囲、胸部X線、喀痰、貧血、肝機能、血中脂質、血糖、心電図の各検査については、医師が必要でないと認めた場合には、省略することが出来ます。

自費健診について

何ら症状がないときに、健康診断を目的として検査を受ける場合は、健康保険を使うことはできませんので、自費で行うことになります(検査項目はご自身で選択できます)。

※自費健診の結果、何らかの疾患が見つかった場合は、以後、その病気の診療について健康保険が適用されます。