廃用症候群を予防しましょう

リハビリのイメージ写真

骨折などの身体疾患をきっかけとしてベッドに寝たきりになったり、あまり運動をしなくなったりする方がおられますが、身体をあまり動かさないでいると、全身の様々な機能が低下していく「廃用症候群」になってしまいます。

怪我や病気をすると、身体を動かすことが辛く感じるようになりがちですが、出来るだけ早めの適切な時期にリハビリテーションを開始しないと、筋力の低下のみならず、関節が動かしにくくなったり、呼吸器機能が低下するなど、様々な二次的障害が発生してしまうのです。廃用症候群のリスクを防ぐため、怪我などの治療に並行してリハビリテーションを受けるようにして下さい。
また、当クリニックでは運動器リハビリテーション、脳血管疾患等リハビリテーションを行っております。
急性期を退院し、自宅でのリハビリ継続の方を対象としております。

リハビリテーションについて

怪我や病気などによって身体の運動機能に障害が発生し、生活に支障が生じた場合、この状態をいかにして回復させるのかが喫緊の課題となります。こうした運動機能の障害を医学的に改善しようとする様々な取り組みのことをリハビリテーションと呼びます。

具体的には、理学療法(運動療法、物理療法)、作業療法などによって痛みなどを軽減させ、身体機能の回復・改善を目指します。これらの療法を受けることにより、早期に日常生活に復帰する効果が期待できます。

リハビリが必要となる主な症状

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない、無理に上げようとすると痛みが出る
  • 手足がしびれ、思い通りに動かない
  • 歩行などによって腰を動かそうとすると痛みが出る
  • 立ち上がったり、歩いたりすると膝が痛む
  • 怪我をしてから身体がよく動かない
  • 支えがない状態で立ち上がると、ふらついてしまう
  • 様々な関節の可動域が狭まっている
  • 筋肉が萎縮しているように感じる
  • 身体を動かすと痛みが走る
  • スポーツ活動に早く復帰したい
  • 手術などによって安静状態が続いてしまった
  • 普通に歩いているだけでも呼吸などが苦しくなる
  • 食事中にむせてしまうことがある など

リハビリテーション専用の庭園を完備

当クリニックは、効果的なリハビリテーションを行うため、専用の庭園を完備しています。患者さまの状態を踏まえたうえで手足の関節などを動かし、身体機能の回復や症状の改善を目指すため、リラックスした環境で運動療法などを進めることが出来ます。

当クリニックで整形外科的な手術を受けた方はもちろん、他院で治療を行なった方も、お気軽に受診し、リハビリテーション専用の設備をご活用ください。